経理女子ココのおさんぽ道

「経理女子ココのおさんぽ道blog」簿記と経理実務の情報を発信しています

ここがマズイ!企業選びのポイント

投稿日:



ここがマズイ!私が入社して分かった企業選びのポイント




私は人生で2社働いたことがあります。たった2社かよ。と思われるかもしれませんが、濃い経験をしたので安心してください。


世間に揉まれて、モラハラを受け、胃腸にきてしまった人生です。読んでくれている方のお役に立てれば幸いです。


転職活動をしていて、HPからでは分かりにくい点を挙げてみました。





歴史が長い会社




●社員年齢が高い・・・「いまどきの若い人って何を考えているのかわからないわね」「それぐらいできるでしょ」言っていることが伝わってこなくて指導があいまい。不明点を聞きにくい。(かもしれない)




●会社の建物が古い・・・暖房・冷房設備が整っていない。(あるいは仕事に集中できないほど使用を制限している。)入り口は別だが、トイレの中は男女一緒。(実質一人用。鉢合わせすることもある)




●きつい階段の上り下り・・・古い建物だとエレベーターがないことがある。2階にまたがってオフィスがある場合、往復する回数が多い(運動不足は解消されるかもしれないが、そういうことじゃない)




●掃除は女性だけ・・・オフィスの掃除は女性のみ。「大掃除は全員でやるから女性だけじゃないよ」(そういうことじゃない。掃除は女性がやるべき業務といった思想がある)




●自分の意見を言っても受け入れてもらえない・・・「入社してきたばかりの人間が何を言ってるの」(前職でも似た業種でした。入社して3か月以上たってます。そう言いたい)「私はこういう風に改善したい思っているのですが、変更して問題ないですか?」「私は、この部分さえ使えればいいから」(・・・つまり変更しても問題ないってこと?後からダメだったなんてことになったら困るよね。どっちなのよ。)




●福利厚生が整っていない・・・以前勤めていた会社は福利厚生でコーヒーやお茶が飲めたけど、休憩スペースすらない。(昼食は弁当なのでと言うと、自分の机でと言われた。仕事机を昼の度に片付けるのはちょっと大変し、飲み物をこぼしたらどうしよう。)




会社はいろんな年代の人がいるが、ジェネレーションギャップを感じるよりも歩み寄りをしてほしい。ドラマだと、入社時は気を遣って話しかけてくれるが、実際はそんなことない。必死になじもうとしなければ、助けようとしてくれません。見て見ぬふりをします。就職は並みならぬ努力が必要なのです。

若手が多めの会社




●社員年齢が低い・・・人の出入りが多い。すぐ退職する人が多い。




●よくわかりません・・・「それぐらいネットで調べてよ」(そんなことも知らないのという顔をされる。ネットで調べればよかったのかもしれないが、わからなかったのです。)(分かりませんが言えない。)




若手が多めの会社は新卒で、歴史が長い会社は転職した会社です。働いていた会社に不満があるから転職をしたけど、実際には給与も待遇も以前より悪くなってしまいました。


転職サイトでは前職よりも給与が上がったという体験談が載っていますが、ほんの一部の人です。なかなか内定が出ず、焦って転職してしまうと私のような経験をしてしまうので、注意してください。




まとめ




いかかでしたか。働くのは怖いと思われた方もいらっしゃるかと思います。しかし、人間として生きているので人間関係の付き合いはなくせません。


説明会や面接等で様々な会社に行く機会があります。その際に上で述べた事項をチェックしてみてください。


どんな先輩がいるのかという事はわかりませんが、どんな人がいてもこの職場だとやっていけると確信を得ることが大切だと思います。ファイトです!!




楽天スポンサーリンク

楽天スポンサーリンク

ヤフースポンサーリンク

-就活

Copyright© 経理女子ココのおさんぽ道 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.